This Amazing Japan’s Moomin Valley Theme Park Grand Opening Decided for Spring 2019

We all know about Moomin. As cute, large eyed creatures, Moomins were always sure to be a hit in Japan. When the TV animation was first shown in the country in 1969, many people wished they could be whisked away to the idyllic, slow-paced Moomin Valley. Now fifty years later, the chance is finally coming for Japanese Moomin fans as the Moomin Valley Theme Park is currently under construction.

The complex, modelled on the Moomin Valley park in Finland, is located in Hanno, in Tokyo’s neighbouring prefecture of Saitama.

Split into two parts, the Metsa Village will be opening in Novemeber this year. Metsa means forest in Finnish and they hope this free-to-enter area next to the Moomin Valley park will bring a slice of the Scandinavian lifestyle to the Greater Tokyo area.

 

View this post on Instagram

 

ムーミンの日に開催された「ムーミンの日の集い」でついに発表しました! ムーミンバレーパークのオープン日は2019年3月16日(土)に決定しました! ムーミンバレーパークは、ムーミン一家が暮らすムーミン屋敷や、トーベ・ヤンソンの想いを感じる事が出来る展示施設などがあり、訪れたみなさんが新しい発見に出会うことが出来る場所です。 世界最大級の品揃えとなるムーミンのギフトショップでは、オリジナルグッズが並び、レストランでは地元の食材を使った北欧とムーミンの世界感が融合したメニューを楽しむ事が出来ます。 プロフィールにあるURLから発表された新しい情報を確認できます! . (昨日のポストに沢山のいいねやコメントありがとうございました。こちら運営の手違いでポストが消えてしまいました。引き続きどうぞよろしくお願いします。) . #moomin #ムーミン #ムーミンの日の集い #ムーミンの日2018 #ムーミンバレーパーク #moominvalleypark #埼玉 #飯能 #suomi #オープンは2019年3月16日 #finland #nordic #Scandinavian #saitama #hanno #おさびし山 #ムーミン屋敷 #宮沢湖

A post shared by ムーミンバレーパーク (@moominvalleypark) on

However, the Moomin Valley theme park itself won’t have a grand opening until March 2019.

Japan’s Moomin Valley Theme Park Concept Art
According to the website, the park will be a place of ‘new Moominous discoveries’. Fans of the round Finnish trolls can relive scenes from the beloved stories in the three-storey Moominhouse, bathing hut and lighthouse. The Moomin family and friends will be present for meet and greets.


There will also be an exhibition to help visitors get a feel for the inspirations, artistry and atmosphere of the original stories of Moomin author and creator, Tove Jansson.
Moomin lovers can also expect a gift shop with items exclusive to the park and a Moomin-inspired restaurant serving North European cuisine.

 

View this post on Instagram

 

<ムーミンバレーパークの海のオーケストラ号> 「海のオーケストラ号」をつくったのは、ムーミンパパの友人であり、発明家のフレドリクソン。 物語に登場する「海のオーケストラ号」に乗って、若き日のムーミンパパ、スナフキンのお父さんとなるヨクサル、スニフのお父さんとなるロッドユール、フレドリクソンたちと一緒に冒険に出かけます。 パーク内の「海のオーケストラ号」は、「勇気」「挑戦」「友情」「家族の絆」をテーマとした、体感モーフィングシアターの手法をとるアトラクションです。 壁面や床面に加え、造形物も映像を投影し、これまでにないユニークな演出による没入感と臨場感あふれる体験をお楽しみいただけます! #moominvalleypark #MVP #myhanno #moomin #finland #nordic #suomi #北欧 #フィンランド #ムーミン #exhibition #theater #OshunOxtra #merenhuiske #海のオーケストラ号 #Haffsårkester #Fredrikson #フレドリクソン #Rådddjuret #Hosuli #TheMuddler #ロッドユール #Joxaren #Juksu #ヨクサル

A post shared by ムーミンバレーパーク (@moominvalleypark) on

The concept art gives the impression that the theme park will be particularly fantastical, and fans of the iconic Finnish animation only have to wait until spring next year to take a trip down to Moomin Valley.

Write a comment

Add Comment